最終S打率.143と徹底的に封じられた森友哉 鷹・甲斐が初戦第1打席で仕掛けた“罠”

Full-count | フルカウント 配信日: 2019年10月14日 10時16分

本文を読む 40件のコメント

反応

SNS 40
0
0
DeNA

広島

中日

オリックス

楽天

日本ハム

巨人

ソフトバンク

西武

ロッテ

ヤクルト

阪神

40 コメント

なおぬん@野球アカウント @xCNxi9F0Uhuo2gM 2019年10月14日
やはりリードというのは奥が深いですね。どのバッターをどの場面でどのように意識させて抑えるか、一人一人の選手の情報を知った上で先のことを考える。素人では無理です。 | Full-Count

마코마코(makomako) @masakobatoku 2019年10月14日
(Full-Count) 森くんは配球を読むタイプじゃないしなぁ。 プレミア辞退したときに嫌な感じはした。11月の試合開催で辞退したのに、CSでコンディションが戻ってる方が変だ

@hawks_00 2019年10月14日
「最後までできたのは和田さんのおかげかなと思います。ヒットは別にいいと割り切った」。結果的に中前安打を許すこととなったこの打席に、その後、森を封じ込める布石があったという。

ライオンズブルーは永遠に。 @ibleedlionsblue 2019年10月14日
試合見てた? > 本来の思い切りのいいスイングをする森の姿は、この4試合、ほとんど見ることはできなかった。 | Full-Count

さいか◡̈⋆ @sentakunao__16 2019年10月14日
最終S打率.143と徹底的に封じられた森友哉 鷹・甲斐が初戦第1打席で仕掛けた"罠" | | ―野球・MLBの総合コラムサイト―

ゆきの @yukinotomotomo 2019年10月14日
甲斐くんの凄さ、存在の大きさがわかる話。


※コメントが同一のもの、スパム色の高いものは省いているので、コメント数に差分があります。

新着記事

ランキング

オープン戦 順位表

チーム
広島 3 3 0 0 1.00
ソフトバンク 1 1 0 0 1.00
DeNA 4 4 0 0 1.00
巨人 4 2 2 0 .50
ヤクルト 3 1 1 1 .50
阪神 3 1 1 1 .50
中日 3 1 2 0 .33
楽天 3 0 3 0 .00
オリックス 1 0 1 0 .00
日本ハム 3 0 3 0 .00